寄付金活動報告


みなさま、なないろの木こどもえん園舎改修工事のための寄付募集活動

へのご協力、ご支援を賜りありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


3月31日現在、寄付金総額は 2,181,888円 となりました。
助成金申請もしておりましたが、残念ながら

今回は申請受理には至りませんでした。


これからのなないろの木こどもえんにとって最善の改修工事を

どのように行っていくか、みなで話し合いを進めております。


寄付募集期間を3月20日までとしておりましたが

改修工事を実現するために、今後も寄付募集活動を継続致します。

 

どうぞこれからも、ご支援をお願いいたします。

 

 

現在、「なないろの木こどもえん」は、園舎の改修工事を計画しております。

園舎に使っている建物は、50年程前、地区の小さな公民館として京田辺市に建てられました。

その古い建物を大切に使いつつ、自分たちで手を入れながら使用してきました。

しかし、雨漏りや台所の老朽化はそろそろ放ってはおけなくなりました。

耐震の補強工事の必要性も指摘されました。

 

様々な特色や自由な教育観を持つユニークな認可外保育施設が日本全国にありますが、認可外保育施設には公的機関からの経済的補助は一切ありません。

 

私たちは今、園舎改修工事のために、皆様からの寄付を必要としております。

皆様からのあたたかいご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

NPO法人なないろの環 理事長 池山説郎

「なないろの木こどもえん」では、子どもが本来持っている可能性を健やかに育むことを大切にしながら、人生の土台となる幼児期の心と身体が育つ保育を志しています。その保育内容の多くをシュタイナー教育と日本の子育ての知恵に学びました。

 

そして、今回の改修工事では、私たちが志す「人生の土台となる心と身体が育つ保育」を園舎という「かたち」にすることを目指しました。この改修工事が無事に実現し、私たちの志を支える新しい園舎に守られながら、より良い保育環境を生み出すことにさらなる努力を重ねていきたいと願っています。

※2019年12月 東鍵田の園舎(土地建物)を購入